探偵に必要な資格

探偵としての業務を行うために、持っていた方が何かと役に立つ資格が存在します。ここでは、「探偵に必要な資格」について紹介します。

普通自動車運転免許

探偵の調査業務の中には、遠距離の移動も含まれます。電車やバスなどの公共交通機関も利用しますが、やはり自動車の運転免許は持っていた方が有利です。張り込みなどで車中泊となる可能性もあるためです。もちろんバイクの免許(中型免許)があればなお良しでしょう。

一級探偵調査士検定

一般社団法人日本探偵業協会が主催している資格試験です。探偵業務に必須の尾行や聞き込み、張り込みや撮影などの技術や、探偵業法や民法や刑法などの法令に関する知識が、一定以上あることを証明することにつながります。

筆記試験と技能試験があり、都道府県公安委員会に探偵業の届出をした人であれば国籍や性別を問わず受験できます。受験するためには、願書請求で10,500円、受験費用として21万円がかかります。1年に1回、1月の第4日曜日に行われています。

探偵業務管理者検定

こちらも一般社団法人日本探偵業協会主催の資格試験です。前述した一級探偵調査士検定の合格者もしくは、探偵事務所(法人)の役員、または個人の探偵事務所の事業主が受験できます。1年に1回、3月の第4日曜日に開催されます。

探偵業法や刑法や民法などの法令に関する筆記試験と面接試験に合格することで、資格の取得となります。受験のための願書請求に10,500円、受験費用に105,000円がかかります。